神頼みも完了

 今年は日付が変わるのと同時に近所の氏神様に初詣に行ってきました。神社は我が家から徒歩5分程のところにあるのですが、参道には鶴岡八幡宮と見紛うばかりの参拝客が長蛇の列を作っていました。幼い頃、除夜の鐘を遠くに聞きながら家族で揃って初詣に行ったことがありましたが、神社は閑散としていて、もちろん宮司さんなどもおらず参拝客も疎らであったことを記憶していたので、このギャップには驚かされました。
 出直すこともためらわれたので、覚悟を決めて列の最後尾に並ぶことにしました。境内には露店なども出ていて、お酒やおしるこ、豚汁などが無料で振る舞われていました。また、参拝客の中には外国の方も混じっていて、我が町も随分国際化してきたものだと感心してしまいました。並ぶこと一時間ほどで何とか賽銭箱まで辿り着くことができました。嘗ては無人であったお社の中にもどこぞの神社から出張してきた宮司さんが2人いて、何やら言祝いでくださいました。
 いつもよりもお賽銭も奮発しましたし、これほど盛況な神社であればその御利益にも期待ができそうです。これで受験生たちには安心して受験に臨んでもらえそうです。(吉川)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください