学校説明会~森村学園~

 東急田園都市線「つくし野駅」から徒歩5分、JR横浜線「長津田駅」から徒歩13分の地に、その名の通り緑に囲まれた「森村学園」があります。
 幕末・明治の激動の時代に、日本の行く末を憂慮し、「人を育てること」の大切さを悟り、晩年に私邸の一部を開放して幼稚園・小学校を開設した森村市左右衛門によって創設されました。森村氏の人生訓である「正直・親切・勤勉」は、そのまま校訓として今でも受け継がれています。創立から100年を越え、環境の整備に力を入れて建てかえられた校舎には、ふんだんに木が使われています。防犯カメラを設置した、まさに快適・安全な校舎です。
 進路指導の特徴は、「自ら進むべき路」を選べるように、その手助けとして動機付けを行うところにあります。その方法もユニークで、「創立者の研究」や「職業調べ」、それに「自由課題研究(日本と海外の文化比較)」などが行われています。実業家であり教育者でもあった創立者の研究から自らの路を見つけていくというのは、森村学園ならではの取り組みです。
 大学進学実績も、早慶上理・MARCHG・医学部医学科などにおいて、昨年の結果を確実に上回ってきています。特に、現役進学率の伸びは注目すべきところです。また、部活動も盛んで、現在、運動部11部、文化部10部が活動しています。
 森村学園の教育の中でも、今最も注目すべきは、グローバル社会をたくましく生き抜く力を養うために行われている「スキル習得プログラム(言語技術教育)」と「異文化体験プログラム(さまざまな海外研修)」です。
 世界標準の母語教育(ランゲージアーツ)を用いて、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4つの技能をバランスよく伸ばし、日本人のコミュニケーション力不足を補おうという取り組みは、これからの言語教育の在り方を暗示するものです。
 日本の国語教育では、表現力よりも読解力の育成が重視される傾向にあります。難解な文章を読んで、それにどう答えるかという形式は、今でも国語教育の中心です。しかし、これからのグローバル社会を生き抜くためには、コミュニケーション能力という、より実際的なものを身につけなければいけません。それを具体化したものが、この言語教育です。
 より具体的には、問答ゲームを通して、自分を客観視し、明確な根拠をもとに意見を組み立てる力を養ったり、空間配列の説明を通して、論理的・客観的に事象を分析して説明する力を養ったり、再話(物語などを2度読むこと)を通して、メモを取る力や物語を細部にわたって構造的にとらえる力を養ったりするものです。
 とかく話し下手な日本人。特に外国人に対しては、この傾向はよりいっそう強まります。その日本人が、世界標準のパラグラフを身につけ、自分を客観視し、きちんと自分の意見をまとめて伝えられるようになるということは、これからの時代に欠かせません。
 この言語教育は、「水」と言えば水をもってきてもらえような日本の言語環境の弱点をとらえた、まさに画期的なものです。少なくとも、それでは国際社会の中では通用しません。何をどうするかは、最低限きちんと相手に伝えなければなりません。
 説明会では、この言語技術についての体験授業を行っていますので、足を運んでみるのも面白いと思います。(明智)

2 comments on “学校説明会~森村学園~

  1. 頭痛、改め、はちみつU+1F36Fさんへ
     日本語には、とても便利な「助詞」があります。ですから、語順はかなり自由に選べます。しかし、外国語を勉強すると、その位置によって言葉の役割が決められていることが分かります。また、日本語には、「暗黙の了解」とか「以心伝心」などといった風潮が根強く残っていますから、どうしても省略や婉曲といった表現方法が多く用いられます。もちろん、これはこれで日本の表現なのでしょうが、世界標準の言語の体系からはずいぶんかけ離れています。
     日本語の場合、主語の省略ばかりでなく、外国語の目的語や補語に当たるものの省略が特に目立ちます。したがって、どうしても曖昧な表現になりがちです。私もよく生徒に、「何が」「何を」とか、「それでどうしたの」などと尋ねることがあります。これをきちんとした構文として身につけることは、これからのグローバル社会を生き抜くためにはたしかに必要なのだと思います。
     言語技術の授業、とても楽しんでいる様子ですね。来年は後輩にもぜひ合格してもらって、その授業を楽しんでもらいたいと思っています。

  2. Unknown
    誰先生が来るか楽しみに待ってました!
    森村学園は、とても楽しいです。
    担任の先生は、言語技術の担当です。
    言語技術は、とても楽しいです。
    国語好きには、
    たまらない授業だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください