ワスレカケテイタモノ

転居して2か月が経ちました。家の周りは一面畑が広がり、のどかで自然がいっぱいの場所です。鳥のさえずりが心地よく毎朝早起きが楽しみです。隣家のツバメもヒナが巣を離れ家の周りを飛び回っています。梅雨空の中、アマガエルが玄関わきに遊びに来ています。

ここ最近は休日もパソコン作業におわれ、家にこもっている時間が多くなっていますが。先日は気分転換に外に出てみると、家前の畑で草刈りをしていました。草の匂いを嗅ぐのも久しぶりでしたがそんな光景を眺めていると、見知らぬ老夫婦が通りすがりに「こんにちは。」と声をかけてくださいました。見かければ隣家の方には声をかけていますが、全く知らない方に声をかけられたり、会釈される機会がなかったので新鮮に感じました。この地域にはお年寄りも多く、庭先でおばあちゃんと子どもたちが遊んでいる光景を見ると昔にタイムスリップしたような、ノスタルジックな気分になります。ここにはまだ日本の原風景が残っているように感じます。