学校説明~鎌倉学園中学校・高等学校~

 今週の火曜日、鎌倉学園中学校・高等学校の学校説明会に行ってきました。当日は家を出る前から雷の音がけたたましく鳴り響き、雨は台風並みの激しさで雨戸をたたいていました。こんな状況でも果たして説明会は行われるのか若干の危惧を抱きながら学校を目指しました。幸い北鎌倉の駅に着いた頃には雨も少し小降りになっていましたが、学校にたどり着いたときにはやはりずぶ濡れとなってしまいました。
 説明会では学校の特徴と今春の入試の総括が主な内容となっていました。校長先生のお話では鎌倉学園の特徴として「ほどほどの宗教教育」「真の文武両道」「先生も文武両道」というお話がありました。「ほどほどの宗教教育」とは宗教理念を押しつけたりするということではなく、中1から高1までお隣にある建長寺で座禅を組む程度であるとのことでした。「真の文武両道」とはどこの私学でも掲げられる「文武両道」ではなく、本気で物事に取り組むということに主眼を置いているとのことでした。その成果として、どの部活動でもそこそこの強さを誇っているということをおしゃっていました。確かにスポーツ推薦制度のない入試で野球やサッカーなど名だたる強豪校と肩を並べているのは立派だと思います。最後の「先生も文武両道」とは先生が学習面だけではなく、放課後も生徒たちとふれあう時間を多く取るということだそうです。教材研究や授業プランは生徒がいなくなったあとに行うそうで、効果後生徒がいる時間帯は職員室はガラガラだそうです。
 本年度の入試と同じように来年度の入試でも算数選抜入試を行っていくとのことでした。傾向としてはこれまで実施された過去三年分と同じレベルのものを考えているとのことでした。来年度についての情報はこれくらいしかありませんでしたが、再来年には創立100周年を迎える伝統ある男子校です。興味のある方は説明会等に足を運んでみてはどうでしょう。