私にもありました

 今日から小学校、中学校、高校では新学期が始まります。各学校で新入生となる生徒たちはどんな気持ちでいることでしょう。よくこういった心境を「不安と期待が入り交じった複雑な気持ち」と表現しますがまさにこのような気持ちなのかもしれません。最近では入学時に友だちがいないと不安なので、事前にSNSなどを通じて同じ学校に進学する友だちを作るといった風潮もあるようです。ですが、真っさらな状態で友人関係を築いていくことにこそ醍醐味があるような気がします。ネット上だから本音が出せるとか、上辺だけを繕っているとか本当のところは分かりませんが、私としては学校生活を通じてその人の人間性を自分なりに判断して行くことの方が大切なような気がします。
 数日前に塾に顔を出してくれた昨年の新中学1年生たちに友だちは出来たか尋ねてみましたが、入学当初は席順の近い人と話していたが、今は同じ部活の人と仲良くしているとか、全く違うクラスの人と仲良くしてるなど答はまちまちでした。つまりどんな経過を辿るかは違っても近い関係の友人が出来ているということです。
 中には微塵も不安を感じず、期待しかない生徒もいるのかもしれませんが、新しい環境に飛び込むということは勇気のいることであるように思います。そんな環境から遠ざかっている私には新入生たちが少し羨ましくもあります。