面接シミュレーション

先週の土曜日、受験を控えた中学3年生を対象に公立高校の入学者選抜で行われる面接試験の練習を行いました。神奈川県の公立高校の共通選抜では筆記試験とは別に、面接試験が実施されます。この面接は100点満点で採点され、多くの学校では選抜比率のうち2割のウエイトを占めます。

普段生徒たちと接している我々講師では緊張感も薄れるので、SHOSHINの卒業生お二人にお手伝いをしていただきました。当日は二グループに分かれて、面接シートの項目と各自が受験する学校ごとの項目について、本番さながらに10分ほどの時間で面接のシミュレーションを行いました。生徒たちは初対面の大人の人と向き合い普段とは違う緊張した表情で面接を受けていました。将来の夢や尊敬する人物のことを語る生徒、高校生活でやりたいことや自分の考えていることを語る生徒がいるなど、新たな一面が見られてとても新鮮でした。面接後は気づいた点を伝え、本番に向けたアドバイスをしました。

公立高校の入試は、いよいよ今週木曜日です。生徒たちは正月明けから日曜日も含め毎日SHOSHINの通ってくれています。教室移転後の一期生なので、いろいろ感慨深いものもあります。各自が力を出し切って、合格を掴んでほしいと思います。