ついに始まります

このブログがアップされる頃には遂に受験日となっているはずです。リアルタイムでこのブログを読んでいる私立中学受験生は一人もいないとは思いますが、これから始まる数日間に生かせるようなアドバイスを贈りたいと思います。私が指導してきた国語に於いて、その特殊性を考えれば、事前の準備である暗記部分はさておき、文章に関して言えば何が出るのか皆目見当がつきません。あらゆるタイプの文章を解いてきたことを考えればこれも事前の準備と言えなくもありませんが、全く既知の文章が出るとは考えられません。それは一種の不安材料ではありますが、国語の文章読解については設問の解答となるべきものはほぼ全て文章内に与えられていると考えれば少し安心できるのではないでしょうか。
 社会や理科など完全な知識を準備して臨まなければならない科目とは違って、文章内に用意されている条件を満たしたキーワードを探すいわばクイズのようなものだと思えば少しは気が楽になるのではないでしょうか。条件にあたるものが当然設問ということになります。従って、ヒントである設問を正しく理解できるかどうかが大きな鍵を握ってくるのです。どんな設問を作るにしても先ず問題作成者が考えるのは正答です。この正答を答えさせる為にヒントを作るのです。そう考えれば、答えさせたいものの正体はもう少しはっきりとしてくるのではないでしょうか。
 国語はメンタルが大きく作用する科目です。些末的なことにとらわれず、所詮、日本語で書かれたものを日本人の自分が読めないことはない位の気構えで臨んでくれたらと思っています。さあ、いよいよ本番です。頑張れ受験生!