時事問題対策

時事問題は、中学入試に欠かせないテーマ。実に8割~9割の中学校で出題されます。カタカナ用語やアルファベット用語なども出題されるので、注意が必要です。6年生向けの演習講座では、記述対策だけではなくこの「時事問題」も扱っています。「時事問題」は、通常使用している「予習シリーズ」で扱っているものではありません。この1年間にニュースで取り上げられた題材が学習テーマになります。そのため演習講座ではこの時期に発刊される「ニュース最前線」(四谷大塚)を教材に説明と演習をおこなっています。5年生でも読み物の一つとして購入するのもよいと思います。

◆2019年の主な出題キーワード
皇室典範、民法改正、板門店宣言、候補者男女均等法、訪日外国人、働き方改革、世界文化遺産、移民・難民問題、AI、I oT、TPP11

世の中の出来事に興味をもち、それを考えることが大切です。そのためにも子供向けの新聞を読んだり、ニュースの解説番組などを家族で観たりすることをお薦めします。