素直さ

中学生のテスト対策で個人に任せて勉強をしてもらう場面があります。個々に質問を受け付けたり、その生徒の苦手にしているものの特別な課題を与えたりもするのですが、そうでない生徒たちは各々学習に打ち込んでいます。質問をできる環境にあるのですから、その対象となる教科の学習をするべきであると教訓をたれてから補習にあたるのですが、生徒たちは必ずしもそうはしません。もちろん「素直に」私の言に従いその教科の学習をする生徒もいますが、全く耳を貸さずに他教科の学習を始める生徒もいます。
 教える側にしてみれば「素直さ」は生徒の美点と映りますが、テストの結果は必ずしもその「素直さ」と比例しているわけでもありません。むしろ言われた通りにしない生徒のほうが良い結果を得てることのほうが多いような気もします。明確に目標を持ち、そのために今この瞬間に何をすべきかが具現化しているというのかもしれません。そんな彼らは、決して反抗的であるという訳ではなく、私たちからの意見も受け入れつつ、自分の学習を確立しているといった感じです。
 学習を工夫しているという表現が正しいかどうか分かりませんが、こういう姿勢を身に付けている生徒たちに対してはこの先の心配は軽減されているように思います。「素直さ」が「言いなり」である限りは心配の種は尽きません。