八月となりました

 最近は授業の始まりで、生徒たちに「皆さんは昨日何を勉強しましたか?」という問いかけをおこなっています。もちろん明確な答を求めてというわけではなく、ただ生徒たち個々に単調な日々の積み重ねにならぬよう釘を刺しているといった意図があってのことです。受験まであと一ヶ月とか、五十日を切ったとかある程度日限が迫ってくれば誰もが自覚的になってくるのでしょうが、半年を切ったではまだまだ余裕を持ってしまうのは人間の性なのかもしれません。
 一ヶ月、五十日を切るまでにあと八ヶ月、百三十日とか突き詰めていけば今日という日にも大きな意味があるということに思い至ってほしと思います。夏期講習のⅡ期が間もなく終わろうとしています。お盆休みを挟んでⅢ期が始まる頃には、受験までの日数は各自に今日よりも少なくなっているという事実を認識して、今現在の自分の行動に結びつけることが何よりも重要です。この二週間でどのくらい実力がついたのか、何ができるようになったのか、自分との対話を大切にして欲しいと思います。
 来週のブログはお休みさせていただきます。