学校説明会~清泉女学院中・高

 清泉女学院の塾対象説明会に行ってきました。清泉女学院の説明会に参加するのはおよそ10年ぶりでした。最初に説明会に訪れたときは開始時刻を間違えてしまい、30分も早く着き過ぎてしまったため、中庭にあるベンチに座って時間を潰したという思い出があります。その日は天気が良く、中庭を通り抜ける風、鶯のさえずりがとても心地よく、得した気分になりました。これも玉縄城跡地に建てられた緑の多い閑静な場所にある清泉女学院の魅力の一つだと思います。
 さて、今回の会では、2018年度入試の出題内容と2019年度入試の日程が中心でした。2018年度入試の出題内容に関しては、正直に申しますと、問題を見ればわかりますし、問題をピックアップして解き方まで解説されていましたが、受験生対象ならまだしも私達塾講師には必要のない内容だったかなという思いで聞いていました(先生方スミマセン)。それでも2019年度入試に向けて出題内容のポイントは教えていただけたので、これを参考に対策できるという点では参加してよかったと思っています。
 父母面談の席で、最近の清泉女学院の偏差値が下降傾向にあるのを気にされている方もいらっしゃいます。私見になってしまいますが、清泉女学院は今でも良い学校だと思います。しかしながら、学校の良い面を上手くPRできていなかったり、大学合格実績を上げることにあまり力を入れていなかったりと、良い意味では我が道を行く、悪い意味では少し閉鎖的な部分があるのが偏差値を下げている要因の一つだと考えられます。学校改革を上手く推し進めている新興校が受け入れられている時代でもあります。このようなことを察知して、最近では学校側も少しずつ変化を見せているようなので、今後の清泉女学院に期待したいと思います。
 最後に、2019年度一般入試に関してです。2月1日午前に1期入試(4科:45名)、午後に2期入試(2科:25名)があり、2018年度と同様です。しかし、3期入試には変更があり、2月3日午後に行われることが決定しました。4科:15名、3科:5名、グローバル入試は若干名の募集となります。また、1期入試と2期入試の両方を受験した受験生が優遇措置の対象になるということです。
 入試科目の詳細など学校の資料はいただいてきましたので、清泉女学院にご興味のある方は仰っていただきたいと思います。また、学校の方にも足を運ばれることをお勧めします。