自業自得

 皆さんは今年のゴールデンウィークをどのように過ごされましたか。受験生はそんな浮かれた気分ではいられなかったでしょうから、平常とは違った自由のきく時間で遅れていた作業や確認したかったもの、弱点分野の克服などに時間を充て、有意義に過ごしてくれたのではないかと推察します。
 私は、5月3日から6日までの4日間、しっかり休みをいただきました。初日の3日は主に録りためていた番組を見たり、音楽を聴いたりしながら寛いで過ごしました。5日と6日は気になっていた衣類の片付けや部屋の掃除などに時間を費やしました。この日を逃したら、次はいつそのような気持ちになるかわかりませんでしたから、箪笥からクローゼット、押し入れに至るまで手を広げ、断捨離を決行しました。お陰様で十分満足のいく状態になりました。しかし、途中でハプニングというか自業自得なのですが、思いもよらなかった怪我を負うことになります。クローゼットの整理をしている最中、飼い猫が様子を見に遊びに来たのです。普段入ることのできないクローゼットの中は、彼にとって興味津々といった場所でした。それを見た私は、彼を抱きかかえて、上段にある棚に乗せて遊ばせてあげました。その間も要るものと要らないものを選別したり、掃除機をかけたりしながら事を進めました。一時間以上過ぎても、彼は全く降りてこようとしません。水分補給やトイレも気になったので、彼を抱きかかえて降ろそうとしました。しかし、そこで悲劇が起こりました。高いところから強引に降ろそうとしたので、不安定さが怖かったのでしょう。また、途中の掃除機の音にも敏感になっていたのだと思います。体に近づけて抱きかかえる前に悲鳴を上げて、私の腕を伝わってスルリと逃げていきました。スルリと表現はしましたが、実際はそんなスマートなものではありませんでした。私の腕には彼の残していった無数の爪痕が・・・・。特に後ろ足による爪痕は20cmにも及ぶかなり酷いものです。何も知らない人が見たら、有刺鉄線にでも引っかかったのではないかと思われてしまうような傷跡です。遊び半分で棚に乗せてあげたことがこんなことになってしまうとは思いもしませんでした。自業自得とはいえ、全く情けない結果になってしまいました。結局、ようやく出した半袖のワイシャツもこの傷では恥ずかしくてしばらくは着ることができません。自分勝手な発言で申し訳ありませんが、今日のような涼しい日がしばらく続くことを願うばかりです。近所にあるニトリで購入したDVDラックを組み立てて本棚代わりにして机周りも整頓することができるなど、この件を除いてはとても有意義なゴールデンウィークだったと思っています。