テスト&チェック

 今年も中学3年生対象の「テスト&チェック」が始まりました。これは神奈川県公立高校入試対策にあたるSHOSHINオリジナルの特別講座のことです。入試に類似した問題を本番さながらの状態で解いてもらい、その後すぐに解説に入ります。テスト直後にある解説は、でき具合の確認や特にできなかったところの問題が何故そのような正答になるのかの確認ができますからとてもメリットのあることです。
 例年、高校入試が終わると生徒達はその報告に来てくれるのですが、「合格発表まで不安だけど、最後にテスト&チェックで集中して練習を積むことができたから普段通りの力は出せたと思う」というような言葉を多くもらえます。自分でも更に復習し直せば、二重三重の確認ができますから、これは確固たる知識の習得につながるはずです。
 今年度は中学3年生の授業に携わっていません。また、テスト&チェックもノータッチです。昨年、一昨年は湘南高校や横浜サイエンスフロンティア高校を受検する生徒に向けて特色検査対策補習をしたり、テスト&チェックの数学や理科を担当していたので、予習も含めて授業や解説をどう工夫して行おうかなどかなり忙しかった記憶があります。空き時間は中3生の質問も受け付けていたので、今年は少し寂しい気持ちがあります。しかし、その分、中学受験(検)生に集中できますから、こちらの方で精一杯頑張らなければいけません。
 先日、中3の男子2人が理科の質問に来てくれました。その時はたまたま榎原先生がいなかったということなのですが、それでも頼ってもらえたことは嬉しく思いました。やはり、どのような形であれ、中3生に何か貢献したいなという気持ちで飢えています。