一年間で16倍!

 約一年前、「知人の獣医さんからオスの子猫をもらい、飼うことにしました」という記事を載せました。当時は500gほどだった彼も今では8㎏。この一年間で体重はおよそ16倍になってしまいました。我が家に来た当初は、肩に乗ることが好きで、その場で寝てしまうこともしばしばでした。今、そんなことをされたらたまったものではありません。抱きかかえるごとに、「よっこらしょ!」と声が出てしまう状態なのですから。
 仔猫の時期は動くものすべてにたまをとり、家中を駆け回っていましたが、まだ一歳にも拘わらず、すでにシニア世代のように暇そうにゴロゴロ寝ていることが多くなりました。しかもお腹を上にして、酷い格好で寝ていることも……。安心しきっている姿は何とも微笑ましくも思えるのですが、今後のことを考えると何とかしなければいけないと思っています。少しでも長く一緒にいたいので、飼い主の責任は大きいと反省しているところです。
 私自身も、彼が我が家に来るまでは、休みの日は新百合ヶ丘や町田に出掛けることも多く、また、ランニングの回数も安定していましたが、この一年はその回数も激減してしまいました。猫だけでなく、飼い主のお腹周りも気になるところなので、過ごしやすくなってきたこの時期を利用して意識的に汗を流そうと考えています。猫の方は、犬のように散歩に連れて行けないのでどうすべきか現在検討中です。