学校説明会~ 鎌倉学園中学校

 鎌倉学園高校の学校説明会には何度も参加してきましたが、中学校の説明会は今回初参加となります。最近、校舎が新しくなりましたから、新たな鎌学の魅力をしっかり見てくるのが目的の一つだったのでとても楽しみにしていました。
 説明会会場は星月ホールで行いました。名前の由来は知りませんが、女子校で使いそうなそのネーミングは男臭いイメージの鎌学からは少しかけ離れているように感じました。会場に入るすぐ手前の壁には鎌学卒業生である桑田佳祐さんのメッセージボードが目立つところに飾られていましたので、ミーハー感が出てしまい、しっかり写真に収めてきました。
 説明会は校長先生のご挨拶から始まりました。創立96周年で間もなく100周年の節目を迎えることもあり、校舎だけでなく、学校自体もいい方向に変えていくという決意のような話でした。「浅野に追い着き、追い越せ。」が掲げる目標だそうです。そして、その改革の一つが2018年度入試の日程です。以前、このブログでもお伝えしましたが、第1回入試を2月1日午前に移動させます。これにより、逗子開成やサレジオ学院といった競合校と日程が重なることになりますが、これら競合校とも正面からぶつかっていく決意とのことだそうです。どのように志願者が分かれていくのか合不合判定テストなどのデータでその動向に注視していこうと思っています。
 校舎はさすがに綺麗でした。廊下は暗めでしたが、教室内は明るく、さわやかなイメージを感じさせるものでした。実験室や自習室も充実しているように見えました。鎌学の規模からすると大きくないかもしれませんがカフェテリアもありました。鎌学のイメージ通りおしゃれ感はありませんでしたが、十分寛げる空間でした。書庫は他校に比べると充実しているとはいえない感じを持ちましたが、これも鎌学なのかなと思いました。すべての教室がWi-Fiで繋がっているので、ICTの環境には力を入れているのがわかります。この点は鎌学の新たな魅力の一つだと思いました。その他、資料もいただいてきましたので、大学合格実績や学校の様子などお伝えできますので、ご興味のある方はおっしゃっていただきたいと思います。