学校説明会~東海大学付属相模高等学校中等部~

 東海大学附属相模高等学校中等部の学校説明会に行ってきました。10年一貫教育を公言する通り、およそ8割の生徒がそのまま東海大学、またそれに関連する学校へ進学するそうです。大学受験が無いということで学習に関して不安を感じる方も少なくないかも知れませんが、校長先生のお話では、各種検定の充実、二期制でありながら年に5回の大きなテストが実施され、合格点に満たない生徒は一週間の部活動停止があり、その間に補習に参加し最終的に再テストが課されるなど徹底した指導を行っているとのことでした。
 またグローバル教育に関して、英語だけに限らず色々な国の人たちとコミュニケーションをとることに主眼を置き、大学付属という強みを活かし、大学に通う海外からの留学生に手伝ってもらい交流授業を行うそうです。そこでは英語を母国語に持たない留学生と中学生が英語にとらわれず相互理解に努めるそうです。これも東海大学付属という特徴を活かしたイベントですが、全国の東海大学付属の学校から各分野の学びの代表を募り、夏休みにその腕前を競い合う学園オリンピックという行事が毎年開催されているそうです。この行事では生徒の数と同等数以上の教師が参加し生徒の指導にあたるとのことでした。なおこの行事の参加費用は全て学校側で負担されるそうです。
 ハワイにも大学を有しているので、海外研修がしやすい環境が整っているとのことでいた。
 来春の入試について、出願は今春同様にWeb出願のみとするそうです。B試験2月3日(土)の国算・国理社・算理社の選択入試も行われるそうです。面接も行う予定だとのことでした。