今度のテスト、今までで一番勉強した

「今度のテスト、今までで一番勉強した」
これは中間テストを終えたばかりのある生徒の感想です。

これまでずっと様子を見てきましたから、今回に限って頑張っているようには見えませんでした。でも、本人が言うのですから間違いはないのでしょう。やったという手応えがはっきりと感じられたのでしょう。
受験などに際しても、集中してしっかり取り組むことができる生徒とそうでない生徒がいます。それぞれにいろいろな事情がありますから、一概にその理由を述べることはできません。でも、だいたいにおいて、内容がよく分かっている生徒は黙っていてもよく勉強をします。一方、あまり内容の分かっていない生徒は、いくら言ってもなかなか取り組んでくれません。だから、「今までで一番勉強した」というのは、内容が分かるようになってきた証拠です。
以前、本当の援助とは、助けなくても自分でやれるようにしてやることだ、という話をきいたことがあります。これは人にも国家間の話にも通じる考えですが、勉強にもよく当てはまります。
だから、自分で勉強をしていけるように導くのが一番の指導なのではないでしょうか。分からないのにやれと言われても、どうしたらよいのか分かりません。粘り強く、繰り返し繰り返し説明してやるしかありません。教育とは、まさにこの「忍」の作業なのかもしれません。