暗記考

 ある社長さんが「うちの孫が今年から私立の小学校に入学することになった」と自慢げに私に話してくれました。どこの小学校かと聞くと、「うーん、モリトモだったかなー。マ、とにかくそんな名前の学校だ。」と言います。まさか森友学園ではあるまいしと思い、よくよく問いただすと、森村学園でした。森友学園騒動がここまで世にはびこっていることを改めて感じた次第です。
 森友学園騒動から一躍脚光を浴びたのが教育勅語です。森友学園系列の幼稚園で、テレビに映っている園児たちが教育勅語を暗唱している姿には驚かされました。なにに驚いたかというと、子どもたちにとってはまったく意味不明なはずの教育勅語を暗記しているという事実にです。多くの園児があれだけの長文を暗記しているのですから、たいしたものです。

 頭の柔らかい子どもたちにとって、暗記することはそれほど困難なことではないのかも知れません。日本国憲法前文を暗記している中学生や、毎朝般若心経を仏前で唱えている子どもたちも大勢います。私も授業中に小学生に円周率を覚えさせたことがあります。早い子ですと、5分か10分で30桁くらいは暗記してしまいます。SHOSHINプラスで1年生に平家物語を覚えさせたところ、全員が1時間の授業中に「祇園精舎の・・・」から「・・・夢のごとし」までを暗記してしまいました。
 6年受験コース生には毎年入試直前に多くのことを暗記してもらいます。例えば、野菜や果物の県別生産ベスト3を20種類ほど、品目別輸入相手国ベスト3を20種類ほど、年号を100個などです。さすがにすべてをパーフェクトに暗記できる生徒はそれほど多くはありませんが、それでもほとんどの生徒がほぼ覚えきります。生徒たちに「覚えるのは大変だったでしょう」と聞くと、「大変よりも楽しかった」との感想が返ってきたときには、まったく「恐れ入りました」の一言でした。
 生徒に暗記を強要させておいて、こちらはあずかり知らぬというわけにはいきません。私もがんばって生徒と一緒に暗記します。先に、頭の柔らかい子どもたちにとって、暗記することはそれほど困難なことではないのかも知れないと書きました。このことは事実です。だからといって大人に暗記は無理だということにはなりません。脳の活性化のためにも、色々なことがらを暗記すること、あるいは覚えようとすることは大人にとっても子どもにとっても良いことだと私は思います。
 そうは言っても、生徒に教育勅語を暗記させようとは私は思いません。教育勅語を覚えて役に立つことはないし、個人的な好みも含めて言えば、文章に格調の高さがあるようには私には感じられないからです。それよりも枕草子や論語などの格調の高い文章を覚えた方が子どもたちの感性には役立つように思います。