早くも中学入試日程に動きが!

 先週末は近所のソメイヨシノが見頃を迎え、これでもかというくらい美しく咲き誇っていたように見えましたが、昨日の大雨、今日の暴風で残念ながら今年の桜の季節は終了を迎えたように感じます。また、来年、素敵な桜を拝めることを楽しみにしたいと思います。
 さて、桜の見頃の季節は終了しましたが、来年度の中学入試の動きが本格的に始まってきました。先日、鎌倉学園中学の先生から電話が入り、入試日程の変更があるのでお伝えしたいという旨でした。その翌日、来室していただき、来年度の入試日程と今春の大学合格実績を中心に話を伺いました。今まで鎌倉学園中学の入試日程は古くは3次入試が2月6日に、最近でも2月5日に日程が組まれていて、日程的に遅くまで入試を行っていた学校の1つでした。ところが、来年度は2月1日に1次入試と算数選抜入試が、2月2日に2次入試、そして2月4日に3次入試が行われることに決まりました。1次入試を2月1日に移したことで競合する学校が増え、入試偏差値の変動や鎌倉学園中学の早々の動きで他中学の入試日程の動向にも注意が必要になってきます。
 数年前から入試日程の前倒し傾向は始まっていました。女子校を中心に遅くとも2月3日には進学校を決めたいというご家庭の思いを汲み、このような動きが始まりました。2017年度入試でも2月5日、6日まで入試が行われる学校は非常に少なくなっています。近隣の中学校では、共学校で神奈川大附属、山手学院、日本大学、湘南学園、関東学院、男子校では逗子開成、女子校では洗足学園くらいですから、2018年度入試では鎌倉学園中学同様、入試日程を移動させてくる学校が出てくる可能性もあります。
 現在、各中学校から塾対象説明会の招待状が少しずつ届き始めているところです。入試日程だけでなく、入試形式の多様化の動きなどもあり、情報収集にも力を入れていかねばなりません。担当を割り振り、新しい入試情報を手に入れていきながら、父母面談の場では最新情報を提供できる努力をしていきたいと思います。