6年受験コース生も頑張り始めてきたぞ

 昨日から今年度の春休み講習会が始まりました。普段担当していない学年もいくつか任され、また、一般生も多くの学年で受講してくれているので、緊張感と新鮮さを併せ持った気持ちの中で授業ができています。この雰囲気を6日間楽しみたいと思います。
 さて、今年の中学受験6年生達です。2月中に計算問題集を終了させるという歴代の中でも異例の速さで駆け抜けてしまった生徒がおり、次の「○○中学の算数」を渡していますが、これもかなりのハイペースで進めています。その頑張りには本当に頭の下がる思いでいますが、これを認識しているのは私に限ったことではありません。何らかの形で他の生徒にもいい刺激になっているようです。前回の父母面談では、「計算問題集を既に終えたお子さんがいるようですが、それが我が子にもいい刺激になっています。」との話がありました。また、「○○中学の算数」のことは5年生の頃から何回か話題にしているので、その存在は知ってくれていたと思いますが、実際「○○中学の算数」をもらった生徒がいて、それを進めている姿を間近で見ていると、「私もあれが欲しい!」という欲求に駆られることになるのでしょう。
 そんなことで、このところ計算問題集の取り組みのよい生徒が増えてきたことはとても喜ばしいことだと思います。このまま、お互いにいい刺激を与え合い、いい雰囲気の中でそれぞれの目標に向かって学習を進めることができれば理想的だと思っています。そのためには私もいろいろな場面で活躍していかなければいけないと改めて感じているところでもあります。