Daily Archives: 2019年4月2日

花見(?)

 今年の春休み講習会期間中もSHOSHINプラス生を連れて花見を計画していました。2年前、3年前は大船のフラワーセンターに行きましたが、名前の通り、様々な植物に触れる場所ですから、桜の花見という特化した目的には適していませんでした。そこで、昨年は近場ではありますが、親水公園に行きました。期待通りの桜が咲いていて、私は大満足でしたが、小学生達は花より団子らしく、最初こそ「すごい。桜がきれい!」と言ってくれましたが、あとは桜には興味を示さず、遊具で遊んだり、私にとって悪夢の鬼ごっこ(気になる方は昨年のブログ「あり得ない」でご確認ください)などで時間を過ごすことになってしまいました。
 昨年が親水公園でしたから、今年は大庭城址公園に行く計画を立てていました。しかし、お花見の期間中は駐車場が身体の不自由の方専用になっており、車を止める場所ができませんでした。代替案として伊勢山公園などが頭に浮かびましたが、今年も結局、親水公園で過ごすことにしてしまいました。桜は三分咲きでしかも風がとても冷たく、最悪のコンディションでした。こんな状態ですから、花見は来年に持ち越しです。最初は遊戯で楽しそうに遊んでいましたが、それではすぐに飽きてしまうと思い、善行方面に目を向けると、階段が見えましたので、その上に何があるのか興味が湧き、皆で行ってみることにしました。階段の下には大庭神社の表記があり、上る前に何があるのかすぐにわかりました。かつてこの近辺に二十年以上住んでいたのに大庭神社の存在は知りませんでした。その後、急な階段を上り、神社まで行き、鐘をつき、お参りをしました。そこで終わるのかと思いきや、体力のあり余っている小学生達は、ちょっとした山道でしたから、道さえあればどこでも行くといった衝動に駆られたのでしょう。とにかく走りながらどんどん進んでいきます。怪我でもしたら大変と思い、私も皆に着いていくしかありませんでした。昨年の悪夢の鬼ごっこに匹敵する思いでしたが、思いの外、子どもたちが楽しそうでしたから、気をつけながらこれに付き合う選択を採りました。30分ほどで解放されましたが、山道での運動はかなり堪えました。この後20時30分まで続いた授業がもの凄くしんどかったのは言うまでもありません。
 今年も体力勝負の花見(?)になってしまいましたが、来年度以降も花見の担当をするのであれば、若い人を一人雇い、子どもたちの面倒はその方にお任せして、私はブルーシートに寝っ転がりながら荷物の見張り番でいいかなと思っています。