Daily Archives: 2018年9月5日

結果に一喜一憂するだけではいけません

 夏休みが終わりました。近隣の二期生の中学校では今日から前期期末テストが始まりました。今回は実技科目も含まれるので、科目数が多いだけに十分な準備をしてこなかった生徒にはかなり厳しい結果になることが予想されます。SHOSHIN生には夏休み講習会中も含めてかなり前から声かけ活動を行い、そしてテスト対策補習も積んできましたので、準備不足だったとは言わせません。全員が良い結果だったと言ってくれることを楽しみに待ちたいと思います。
 そして、中学受験生です。この夏はとても頑張ってくれました。9月に入ってから公開組分けテスト、合不合判定テスト、任意で受験する統一合判テストなど、この夏休みに頑張った成果を確認するテストが目白押しです。しかし、結果だけに一喜一憂してはいけません。皆さんが受験する学校の出題パターンと今回の模擬テストのそれが必ずしも一致はしいないはずですから、結果がよくておおはしゃぎをしたり、結果が悪くて大きく落ち込んだりするのではなく、現在、何ができて、何ができなかったかをしっかり確認し、本番に向けてぶれない気持ちで着々と準備を進めることが大事です。結果はあくまでも参考程度に留めて、前述のような考え方で結果を捉えるのがよいと思います。更に言わせていただければ、模擬テストを受験するメリットを十分に生かすべきだと思います。事後にしっかりした結果資料がもらえたり、ミニ説明会に参加できることはもちろんのことですが、会場に足を運び、本番と同じような状態で経験を積むことができるのは大きなことだと思います。平常心でテストに臨むことができたかどうか、時間配分は上手くいったかどうか、分からない問題を勇気をもって飛ばすことができたかどうかなど、入試本番を想定して自分の考えを持って一つ一つのテストに臨むことは大切です。漠然と模擬テストに参加していたのであればもったいないことなので、次回からはこれらのことを考えながら受験してみてはいかがでしょうか。
 生徒の皆さんのテスト結果を確認しながら、また、個人的にアドバイスする場を設けていこうと考えています。