Daily Archives: 2018年1月12日

新春考

 年が明けて10日以上が経ちました。講習会も終わり、学校も始まり、塾も通常通りの授業が始まりました。講習会が無かった学年の生徒や参加していなかった生徒たちとも新年の初顔合わせが済み、正月気分も一掃されたような気がします。もっとも、受験生たちにとっては正月気分というものさえ無かったとは思います。
 年が明けて10日以上が経つということは、受験生たちにとっては単純に入学試験日が近付いているということも意味していることになります。今年の受験生たちを見るかぎりでは、特段そのことに対する過剰な反応は無いように思われます。これが良いことなのか、一概には言えませんが、変に焦って学習に身が入らないということが無いという点に於いては、良いことと言えそうです。
 これからは、やみくもに「頑張る」のではなく、具体的な計画性を持って「頑張る」ことが重要です。国語に関しては、漢字や語句といった暗記物中心に学習を重ねていくことが有効です。これは他教科についても同様で、社会の年号や理科の用語など知っているだけで即得点に結びつくものに力を入れて学習にあたって欲しいと思います。
 前述しましたが、やみくもに頑張るのでは無くて「~を覚える」ということを意識することです。