Daily Archives: 2017年5月19日

正しく覚えましょう

 受験コース6年生の授業で熟語、四字熟語の学習をしています。4年や5年でも学習している単元ですから復習・確認の単元として私は認識しているのですが、生徒たちにとっては違う印象のようです。熟語の組み立てに関してはその組み立てのパターン数が多いためなかなか身に付かないというのは分かるのですが、その熟語そのものの意味が分からないという生徒が最近増えてきたように感じられます。例えば長い熟語を省略した組み立ての言葉として「原発」という言葉があります。当然授業では何という言葉を縮めたものかを生徒に尋ねます。すると生徒からは「原子爆発」と至って真面目な答えが返ってきます。この生徒は「原子爆弾」の略である「原爆」と「原子力発電(所)」の省略である「原発」が混ざり込んでしまったようでレアなケースではあると思われますが、「労組」の正しい読み方を知らない生徒は少なくありません。
 また四字熟語でも「一日千□」の□にあてはまる漢字を答え正しい熟語を完成させるというものに対しても「一日千円」と解答する生徒がありました。その意味を尋ねると「一日働いて千円の報酬がもらえる」と立派な解答が得られました。発想としては頼もしいものなのですが、そこには先人の教えが欠如しています。そのような思考が発揮されることは必ずしも悪いことではありませんが、ここには正しい知識が裏付けされていません。
 近年世間で言われている自由な発想だとか個性を重んじるとかいったことは確かに良い言葉なのかもしれません。しかしそこには核となるものがあって初めて自由な発想、個性が生まれてくるのではないでしょうか。正しい知識が核となっていなければ、それは独断であったり、独りよがりになってしまうのではないでしょうか。正しい知識を持って、それをどう活かしていくのかが今世間で問われています。正しい知識を備えていない時点で活かすものがないことになってしまいます。そういうことを考えれば、ただ調べる勉強から調べたものを自分のものにしていく勉強が大きな意味を持つことが分かります。
 ちなみに「一日千秋」は待ち遠しく、時間の経過が遅く感じられることです。