Daily Archives: 2017年5月3日

憲法記念日によせて

 本日は1947年に日本国憲法が施行されてからちょうど70年にあたる節目の日です。小学6年生と中学3年生はちょうど日本国憲法を学び終えたところです。この記念すべき日に、日本国憲法について改めて考えることは意義あることだと思います。

 今、憲法改正論議が盛んに行われています。最終的には9条の改訂が最大の争点になるのでしょうが、その他にも例えば環境、教育などで改訂の必要を訴える個人や団体があります。そして国会では、改憲の発議に必要な議員数に達し、安倍首相も「(改憲の)機は熟した」と語っています。
 私は一介の私塾教師ですので、このような場で憲法について持論を述べられるような能力も資格もありません。また、教師という立場上、生徒たちの前では護憲、改憲いずれの立場にも立たず客観的なことがらのみを指導するようにこころがけています。そして生徒たちには、やがて国民投票権を得るまでに、自分の考えを持てるような大人になってもらいたいと考えています。
 今日の新聞は各紙とも憲法関連の記事が満載されていることでしょう。多少難しくても、それらの記事に目を通すことは勉強になることと思います。しかしそれ以上に大切なことは、この日に改めて日本国憲法全文を読み直すことです。私は毎年5月3日は日本国憲法を読む日と定めています。
 小学6年生と中学3年生にはSHOSHINが作成した憲法の冊子を渡しています。公民の教科書にも巻末に掲載されています。生徒の皆さんは休日のこの日も受験勉強で忙しいとは思いますが、せめてそのうちの1時間を憲法を読む時間に充ててもらえれば嬉しい限りです。できれば、ご家族で憲法について話し合う日とするのはいかがでしょうか。