授業

テストの見直しについて

 一昨日は今年度最初の合不合判定テストが行われ、6年中学受験コース生全員が各会場に足を運び、今の実力を確認するために受験してきてくれました。結果は一週間後に私たち教師も知ることができますが、生徒達はそれよりも少し早く結果を知ることができます。そのうち皆の方から具体的な報告をしにきてくれるのではないかと思います。
 昨日の算数質問室では早速、テストの見直しを兼ねて解らない問題を質問しに来てくれた生徒がいました。とてもよいことだと思います。これから受ける残りの合不合判定テストや公開組分けテスト、教室で行っている小テストを含めたすべてのテストは受けっぱなしにせず、解けなかった問題を中心にしっかり見直さなければいけません。テストは今現在の自分の弱点を知る大事な確認シートですから、それを放っておくことは危険なことです。
 そこで、算数テストの見直しについてですが、多くの生徒は今は難しい問題は後回しで構いません。基礎学力の定着が目標になりますから、まずは基本・標準レベルの問題に絞って復習すべきです。その中で、知識が足りずに得点できなかったのか、時間が足りず手をつけることができなかったのか、ケアレスミスによる失点だったのかを分析し、次に繋がるような学習をしていけばよい訳です。同じ失点でも原因が違えば今後に向けての対策も変わってきますから、正しい方向に向かって修正していくための原因をしっかり確認しておくことは大切です。
 既に6年生には週間学習計画表を作成してもらい、それをもとに個人面談を行い、アドバイスしているところです。中学入試まで残り10ヶ月を切りました。この前期をどのように過ごすかで、夏以降の学習の取り組みにも影響してきます。直近の目標として7月までに5年上下巻も含めた計算問題集をすべて終え、基礎学力の安定を目指してもらいたいと思います。できれば6年生全員に「○○中学の算数」を渡すことができればと思っています。

More from 授業

6年受験コース生も頑張り始めてきたぞ

 昨日から今年度の春休み講習会が始まりました。普段担当していない学年もいくつか任され、また、一般生も多くの学年で受講してくれているので、緊張感と新鮮さを併せ持った気持ちの中で授業ができています。この雰囲気を6日間楽しみた … read more

小3総合コース

 今年度から小学生の一部で湘進コースと中学受験コースの垣根を外した形の総合コースを新設しました。そのうちの一つである小学3年総合コースを担当しています。小学3年生を担当するのはとても久しぶりのことになります。近々入室され … read more

光陰矢のごとし

 湘進コースの新年度を迎え、あっという間に2週間が経ちました。そして、さらに2週間もしないうちに春休み講習会に突入します。つい先日まで朝早く起きて中学入試に挑んでいた生徒達の応援に駆けつけていたように感じますが、もう一月 … read more

新2年生総合コース

先週からスタートした新小学2年生のクラス。普段見慣れているSHOSHINプラスの生徒に新しい友だちも加わり、とても楽しく明るいクラスができました。プラスの生徒たちも普段とは違う授業の様子に興味深々といった表情です。テキス … read more

まずは算数の力を固めていこう!

 中学入試が終了し、教室内の掲示板には旧中学受験6年生達の合格校が貼られています。それを在室生達が群がって確認していますが、その中で、新中学受験6年生達の掲示物を見る目は他とは少し違うような気がします。やはり、「次は自分 … read more

最後までやり切ることです

 神奈川、東京の国公立・私立中学入試解禁日である2月1日まであと8日と迫りました。教室で提出をお願いしていた受験校届けは期限を守って全員が提出してくれましたので、それをまとめた資料も無事作成し終えました。これをもとに、全 … read more

仕事始め2017

 また、新たに年が明けました。毎年同じ感覚ですが、もう次の受験が始まるのかと思うと、一年という時間の流れの速さに驚かされます。  さて、昨日は2017年仕事始めとして、青山先生と中学受験コース生の質問室および公立受検コー … read more

冬休み講習会2日目

 冬休み講習会2日目が終了しました。今日は午前の自習室の監督から始まったので、18時過ぎにはSHOSHINを出て、既に夕飯を済ませ、寛ぎながらブログの記事を書いています。  さて、今回の講習会ですが、年内は6年受験、6年 … read more

今年も何とか完成しました

 「2017年度受験用入試問題にチャレンジ(算数版)」の原稿が期限ギリギリの状態でしたが、昨日完成しました。冬休み講習会から使用するものなので、どうにかこうにか完成させた、正に滑り込みセーフといった感じです。「でも、安心 … read more