教育

現実に目を向け、歴史を学ぶ

 今日9日はアメリカにより長崎に原爆が落とされた日です。その前日の8日には、ソ連が突然満州に攻め込んできました。このことにより、多くの民間日本人が殺され、捕らえられてシベリアに送られて強制労働をさせられ、あるいは命からがら日本に逃げ帰った人の中にも、幼い子どもと離ればなれになった人たちもいました。中国に残された幼児が「日本人中国残留孤児」として、その後大変な苦労をされたのです。
 ソ連軍はまた、千島列島にも侵入し、それは日本がポツダム宣言を受諾した15日の後も続きました。樺太(サハリン)からも多くの日本人が北海道に引き揚げました。樺太引き揚げ船が私の生まれ故郷である北海道留萌沖の海上でソ連軍の潜水艦からの攻撃を受け、1700名を越える婦女子が犠牲となる事件も起こりました。これらのすべてが1945年8月におこったことです。日本と日本人にとって、8月はとても重い月です。
 この時代の悲惨さについては、五味川純平さんの『人間の条件』、山崎豊子さんの『大地の子』、浅田次郎さんの『終わらざる夏』などで紹介されています。NHKのドラマ「開拓者たち」も秀逸でした。
 
沖縄はアメリカから45年前に返還されたとはいえ、いまだに県の面積の1割が米軍基地です。神奈川県にも厚木や横須賀に米軍基地があります。北方領土は日本固有の領土だといくら訴えても、ロシアがいずれ返還するとは思えません。
 米軍基地問題でも、北方領土問題でも、多くの日本人にとっては理不尽な、納得のいかない問題であろうと思います。どうしてこうなのか、その理由ははっきりしています。日本が戦争でアメリカやソ連に負けたからです。
 では、なぜ日本は戦争に負けたのか。あるいは、なぜ負けるような戦争を始めたのか。このことを考えるきっかけとして、歴史があるのだと思います。歴史を学ぶことを通じて過去を反省し、あるいは過去から学ぶべきことはそれを活かす。このことによって、より良き未来のことを考えること、そしてその中で将来の自身の歩むべき道を考えることが出来れば、素晴らしいことだと思います。
 夏休みです。子どもたちにとって、理想は「終わらざる夏」でしょうが、そうはいきません。夏休みが終わる前に、日本の歴史につながる本をせめて一冊は読んでくれることを願います。

More from 教育

今年も行ってきます!

 今年も12日から15日まで夏季勉強合宿に行って来ます。合宿に参加予定の生徒とは既に面談を終え、合宿の持ち物や合宿で強化したい科目などの話し合いを行いました。合宿ではあれこれ手を広げ過ぎるよりはテーマを決めて1つ1つ消化 … read more

人間にとってのAI(人工知能)とは

 森村学園中学の社会科入試問題には、受験生に考えてもらいたい社会的な事象を題材にあげた問題が毎年出題されています。一昨年度は、インドネシアで小さな子どもたちがタバコを吸う事例を、昨年度は熊本県水俣市で起こった水俣病の弊害 … read more

幼児教育は実はかなり大切なのでは

 最近、ちょっとしたきっかけから小学校入学前の幼児への教育に関心を持っています。幼児教育の重要性については、例えば将棋の藤井聡太四段が幼児期に受けたと言われているモンテッソーリ教育が注目されるなど、今も世の親の高い関心を … read more

「ようなゲーム」-2

 遅ればせながら私も遠藤周作氏の助言により、今まで以上に「ようなゲーム」に取り組んでいます。しかし、これがむずかしい。私のような凡人には、名詞にぴったりする修飾語がなかなか思い浮かばないのです。それでも少しずつ考えて、や … read more

「ようなゲーム」-1

 最近映画化された『沈黙』の作者として知られる遠藤周作氏の未発表原稿が死後46年ぶりに発見され、その文庫版が出たとのことで、早速読んでみました。ベストセラーだった狐狸庵先生シリーズを彷彿させるユーモアたっぷりのエッセイ集 … read more

暗記考

 ある社長さんが「うちの孫が今年から私立の小学校に入学することになった」と自慢げに私に話してくれました。どこの小学校かと聞くと、「うーん、モリトモだったかなー。マ、とにかくそんな名前の学校だ。」と言います。まさか森友学園 … read more

憲法記念日によせて

 本日は1947年に日本国憲法が施行されてからちょうど70年にあたる節目の日です。小学6年生と中学3年生はちょうど日本国憲法を学び終えたところです。この記念すべき日に、日本国憲法について改めて考えることは意義あることだと … read more

道徳教育の評価について

 平成18年度から教科として「道徳」の授業が小学校で始まることとなるそうです。ガンコオヤジが影をひそめ、子どもに甘い(と私には思われる)父親が増加している昨今において、世の中には善と悪とが存在すること、善を行い悪を憎む心 … read more