教育

個性とは

 「個性を伸ばす」とか、「個性を活かす」などと、教育の世界で「個性」という言葉をよく目にします。では、個性とはいつから個々人に備わってくるものなのでしょうか。
 左目の下にあるほくろのように、生まれつき備わっているもののようにも思います。生まれて数ヶ月のあかちゃんを見て、「この子は気が強い子だ」とか「この子は甘えん坊だ」などと、周りの大人がよく言います。そしてそれは、あながち個人的な感想ではなく、周りの人にも大いに同感を与えることがよくあります。
 個性が生まれつきそなわったものでなければ説明の付かないこともあります。「同じ環境で育てたつもりなのに、どうしてうちの三人の子の性格はこうも違うのだろう。」と思い悩む両親は多いことでしょう。性格だけでなく、顔も、能力も、体型までも全く違う兄弟もいます。
もしも、個性というものが生まれつき備わったものであるならば、それを伸ばすとか、活かすことは百害あって一理もないことだと私は思います。生まれつき備わっているということは、社会的な洗礼を浴びていないことにつながります。「オギャア」と生まれて数ヶ月の赤ん坊に備わっている個性があるとするならば、それは自己中心的な自我以外にはありません。「世のため人のため」などと考えて生まれてくる子どもなどいないからです。
 このように考えると、生まれついて持ってきた自分本位の個性などは、伸ばしたり活かしたりするのではなく、徹底的にたたきつぶすべきです。その上で、親として考える人間としてのあるべき姿を幼児の時期に注入すべきです。それはしつけでも、道徳でも、あるいは宗教でもかまいません。親が希望する人間像の観点から、人間としてあるべき姿、やってはいけないことがらを徹底して子どもに諭さなければいけません。このことが成って、はじめて子どもの中にオリジナルな個性を植え付けることが出来るのではないかと思います。それは、伸ばすべきであり活かすべき個性につながります。
 以前、幼児教育の必要性について書いたことがあります。そこでは「読み書き」の能力をつけるには早いほどよいことを書きました。更に加えて、正しい後天的個性を生み出すためにも、やはり幼児教育の必要性を強く感じます。

More from 教育

現実に目を向け、歴史を学ぶ

 今日9日はアメリカにより長崎に原爆が落とされた日です。その前日の8日には、ソ連が突然満州に攻め込んできました。このことにより、多くの民間日本人が殺され、捕らえられてシベリアに送られて強制労働をさせられ、あるいは命からが … read more

今年も行ってきます!

 今年も12日から15日まで夏季勉強合宿に行って来ます。合宿に参加予定の生徒とは既に面談を終え、合宿の持ち物や合宿で強化したい科目などの話し合いを行いました。合宿ではあれこれ手を広げ過ぎるよりはテーマを決めて1つ1つ消化 … read more

人間にとってのAI(人工知能)とは

 森村学園中学の社会科入試問題には、受験生に考えてもらいたい社会的な事象を題材にあげた問題が毎年出題されています。一昨年度は、インドネシアで小さな子どもたちがタバコを吸う事例を、昨年度は熊本県水俣市で起こった水俣病の弊害 … read more

幼児教育は実はかなり大切なのでは

 最近、ちょっとしたきっかけから小学校入学前の幼児への教育に関心を持っています。幼児教育の重要性については、例えば将棋の藤井聡太四段が幼児期に受けたと言われているモンテッソーリ教育が注目されるなど、今も世の親の高い関心を … read more

「ようなゲーム」-2

 遅ればせながら私も遠藤周作氏の助言により、今まで以上に「ようなゲーム」に取り組んでいます。しかし、これがむずかしい。私のような凡人には、名詞にぴったりする修飾語がなかなか思い浮かばないのです。それでも少しずつ考えて、や … read more

「ようなゲーム」-1

 最近映画化された『沈黙』の作者として知られる遠藤周作氏の未発表原稿が死後46年ぶりに発見され、その文庫版が出たとのことで、早速読んでみました。ベストセラーだった狐狸庵先生シリーズを彷彿させるユーモアたっぷりのエッセイ集 … read more

暗記考

 ある社長さんが「うちの孫が今年から私立の小学校に入学することになった」と自慢げに私に話してくれました。どこの小学校かと聞くと、「うーん、モリトモだったかなー。マ、とにかくそんな名前の学校だ。」と言います。まさか森友学園 … read more

憲法記念日によせて

 本日は1947年に日本国憲法が施行されてからちょうど70年にあたる節目の日です。小学6年生と中学3年生はちょうど日本国憲法を学び終えたところです。この記念すべき日に、日本国憲法について改めて考えることは意義あることだと … read more